市川市での家族葬の解説

市川市での家族葬の定義

市川市での家族葬の定義の写真

一般的に家族葬は、家族や親族、親しい友人や知人など故人と親しい人だけで行う小規模なもので、これを家族葬と呼びます。

最近では、家族葬を選択する人が増加傾向にあります。近年の日本では、高齢化が進んでいることもあり、故人が高齢であり、連絡を取り合う友人が少なかったというケースが多くなっています。また、核家族化が進み、家族の数が減ってきています。家族の人数が減るということは、家族の中で連絡を取り合える人が減るということになります。その結果、葬儀に参列する人が減り、昔に比べて葬儀の規模が小さくなってきています。

「家族葬」の明確な定義はありませんが、一般的には親しい友人や家族が集まり、故人を温かく見送る葬儀と考えられています。また、家族葬はまだ一般的に認知されていないため、家族葬を希望する場合は、事前に親族に相談することが必須となります。現在では、家族葬が葬儀全体の半数近くを占めています。新潟でも家族葬の割合は増加傾向にあります。しかし、「家族葬」といっても、一概に「家族葬」というものはありません。様々な宗教や宗派がありますが、葬儀に参列する人数に関わらず、一連の儀式は同じです。

では、家族葬とはどのようなものなのでしょうか。それは、参列する人たちの関係性です。家族、親戚、友人、知人、近所の人、仕事関係の人などに限定されることから、家族葬と呼ばれるようになったのではないでしょうか。では、なぜ家族葬を依頼する人が増えているのでしょうか?これは、参列者を故人に近い人に限定することで、参列者のニーズをあまり考えずに故人を見送ることだけに専念した葬儀を行いやすくなるからです。

しかし、よく言われるように、家族葬だけに気を取られてしまうと、故人を大切にしてくれた人や、生前のように故人を愛してくれた人との連絡が取れず、周囲の人に後悔の念を残すことになりかねません。また、家族葬を希望する人の中には、最近では「無宗教のお別れ会」を検討している人もいます。しかし、宗教の違いに関わらず、無宗教のお別れ会ができるかどうかは、代々続くお寺との関係性などにもよりますので、注意が必要です。いずれにしても、家族葬が100件あれば、参列者や宗教によっては100件の家族葬があると考えておいた方が無難です。より良い家族葬を行うためには、家族葬の「希望」を大切にし、家族葬の「言葉」にとらわれすぎないことが大切だと思います。

家族葬とは、家族や親族だけで行う葬儀のことです。元々は「密葬」という言葉が使われていましたが、現在では「家族葬」という言葉が新しい言葉として定着しています。本来、密葬の場合は本葬を別々に行うことが多いのですが、家族葬の場合はこれだけで済みます。家族の人数が少ないため、一人一人の希望が反映されやすくなります。お客様のご希望を叶えるお手伝いをさせていただきます。

市川市の家族葬で人気の葬儀社