市川市での家族葬の解説

市川市の家族葬の短所

市川市の家族葬の短所の写真

家族葬は通常の葬儀に比べて参列者が少ないため、報奨金として受け取ることができる金額が少なくなります。

また、特別葬は通常のお葬式よりも費用が高くなることも珍しくありません。家族葬では参列者が限られているため、葬儀後のラッシュ時に葬儀に参列できなかった人が自宅に香典をあげに来ることもあり、その対応に追われることもあるでしょう。しかし、葬儀後、まだ手続きがたくさん残っている繁忙期には、連日様々な人が交代で自宅を訪れて香典を供養していました。被害者の中には、「葬儀の時に故人にお別れの挨拶をしてもらえばよかった」と後悔している人もいました。今回のケースでは、故人はまだ若く、現役の会社員でしたが、故人がすでに現役を引退していたとしても、例えば先生であれば教え子が多く、会社勤めをしていたのであれば別れを告げたいと思うこともあるかもしれません。しかし、あなたが慕っていた後輩や取引先、取引先の中には、人生の最後に別れを告げたいと思っている人がいるかもしれません。また、葬儀に呼ばれないことで、喪主に「軽く見られている」という印象を与えてしまい、今後の良好なお付き合いが難しくなってしまう可能性もあります。自分も最後のお別れをしたくて、家族葬にしたことを後悔したという声もあります。

市川市の家族葬で人気の葬儀社