市川市での家族葬の解説

市川市の家族葬の費用

市川市の家族葬の費用の写真

通常の葬儀の場合は、料理や返礼品のグレードを最低限に抑えることができれば、その差額を飲食や返礼品以外の葬儀費用に充てることができますが、一般的な葬儀の場合は、料理や返礼品のグレードが低いために、その差額を葬儀費用に充てることができません。

差額が大きく、葬儀に参列する人数が多いほど、葬儀費用に充てることができるインセンティブ収入が多くなります。一方、家族葬の場合は、一般参列者の収入がないため、差額分を葬儀費用に充てることができず、結果的に一般葬に比べて費用外費用が高くなってしまいます。調査によると、家族葬の場合の相場は総額113万円となっています。これに対し、一般葬の場合の費用の目安は165万円となっています。地域や葬儀プランによっても異なりますが、規模が小さく参列者が少ないため、家族葬の方が3割程度安くなる傾向にあります。家族葬の費用が安くても、故人の友人の人数が多く、参列希望者が50人以上であれば、通常の葬儀の方が安く済むこともあります。また、家族葬の自由度を活かした特殊なタイプの葬儀を選択した場合は、別途費用が必要となり、通常の葬儀よりも費用が高くなることもあるので注意が必要です。家族葬の費用は、一般的な葬儀の費用よりも安く済ませることができますが、決して安くはありません。そのため、家族葬の費用をできるだけ安く抑えたいと考える人もいます。葬儀場の周りには、「〇〇家式場」などのように、葬儀場の場所を示す矢印のついた看板が設置されていることが多いです。家族葬の場合には、このような道しるべ看板を作って設置してもらわないことも費用を抑える方法の一つです。ウェイディングサインの費用はそれほど高くはありませんが、3,000円程度から数万円程度の費用を節約することができます。家族葬の場合、参列者は限られており、家族から連絡が取れる人だけが参列することになります。誘導看板を立てたくない場合は、事前に会場に地図を送っておくと良いでしょう。参列者用の車を手配しないのも、家族葬の費用を抑える方法の一つです。この場合、基本的には家族や親族はそれぞれの自家用車を利用してもらうことになります。車を手配しない場合は、葬儀場から火葬場までの移動にマイクロバスを利用することになります。葬儀礼状の費用の目安は、5,000円~20,000円です。近親者や親族であり、直接感謝の気持ちを伝えることができるため、葬儀礼状を送らないという選択をするケースもあります。お礼状を送らないことは、家族葬の費用を安く抑える方法の一つです。

市川市の家族葬で人気の葬儀社