市川市での家族葬の解説

市川市の家族葬のマナー

市川市の家族葬のマナーの写真

死亡を知ったときに、「家族葬で行う」などの記載があり、葬儀の日程が全く記載されていない場合があります。

葬儀の日程が隠されている場合は、家族だけで見送ることを想定し、弔問は控えた方が良いでしょう。家族が家族葬に参列するように依頼した場合、友人と一緒に参列してお悔やみを述べている姿が見られることがありますが、家族葬の場合は、お悔やみを述べることを控えましょう。家族葬の場合、お見送りには故人と親しい人がごく限られた人数で参列するのが一般的です。このような場合には、同伴者を同伴してもよいかどうかを家族に確認しておくとよいでしょう。葬儀では黒の正装を着用し、一般的な葬儀と同じようにお焼香をします。葬儀の仕方は、遺族や故人の意向によりますが、お悔やみの気持ちを伝えるためにも適切な服装で臨むようにしましょう。喪服には、正喪服、半喪服、礼服の3種類がありますが、最も一般的なのは半喪服です。半喪服とは、男性は黒のスーツ、女性は黒の正装のことで、葬儀の三回忌には誰もが半喪服以上のものを着るのが一般的です。半モーニングドレスは「無地のドレス」や「略式のフォーマルドレス」と呼ばれています。平服を着用するように指示された場合には、そのようにしましょう。家族葬の遺族は、基本的に参列したい人だけを案内してくれます。そのため、亡くなったことを知ったとしても、連絡がない場合は葬儀に出席しないようにしましょう。また、家族葬の手配の連絡があったとしても、「家族葬は故人の家族の立会いのもとで行う」「故人が自らの意思で葬儀への参加を辞退する」などと記載されている場合は、出席を控えるのがマナーです。参列するかどうかの判断が難しい場合には、家族葬を行う旨や葬儀の日時・場所などが記載されていると、参列するかどうかの判断が難しくなります。家族の考えがわからない場合は、直接家族に聞いてみましょう。家族が香典や花束を辞退する場合は、家族の意向を汲み取り、香典などの贈答は控えましょう。葬儀案内に記載がない限り、準喪服(男性は黒やダークスーツ、女性は黒のワンピースやスーツ)で参列しましょう。また、葬儀の案内で私服を勧められた場合は、やはり、非公式な喪服を着用するのが正しいマナーとされています。家族が食事に招待してくれた場合は、時間が許す限り食事をしながら故人との思い出を共有することをお勧めします。家族葬の服装は、一般的な葬儀と同じブラックフォーマルが基本です。ただし、告知書に「私服でお越しください」と記載されている場合もあります。